環境事業や企業への投資

一時期二酸化炭素の排出量を減らすと言う考え方が少しずつ弱まっていました。
しかしながら世界の流れがまた変わり2030年を過ぎる頃には例えばガソリン自動車だけではなくハイブリッド自動車もゼロにしてゼロエミッションを実現する、それが電気自動車の普及だと考える流れが非常に多くなっています。

日本にいると電気自動車がまだまだ普及に加速が増していないこと、さらには補助金もまだまだ弱いこと、企業は投資をしていますが充電スタンドの普及が国が推し進められていないこともあって意識が薄いと思います。

一時期二酸化炭素の排出量を減らすと言う考え方が少しずつ弱まっていました。
しかしながら世界の流れがまた変わり2030年を過ぎる頃には例えばガソリン自動車だけではなくハイブリッド自動車もゼロにしてゼロエミッションを実現する。それが電気自動車の普及だと考える流れが非常に多くなっています。日本にいると電気自動車がまだまだ普及に加速が増していないこと、さらには補助金もまだまだ弱いこと、企業は投資をしていますが充電スタンドの普及が国が推し進められていないこともあって意識が薄いと思います。

また、様々な企業がこのように電気自動車にまつわる商品だけではなくソリューション、または環境に対する投資に対して非常に積極的になっています。

もちろん、このような流れは長期的であり世界に広がっていますので様々な投資が考えられるようになってきました。
もちろん、直接企業に投資するにあたって直近の業績や授業だけを見極めて投資することも重要かもしれませんが10年後、20年後に並んでベンチャービジネスである大企業である環境に対して投資を行っている企業に着目する事は決して間違いではありません。

むしろ、このように環境に積極的に取り組んでいる企業に投資することこそが大きくプラスに働くことになるのです。

どのような環境事業がこれから地球環境にプラスに働くのかはまだまだ分かりません。しかしながら様々な情報をもとにどうすればプラスになるのか、自分自身の感覚を磨くことによって投資先を考える事は非常に重要だと思います。

このように環境に対する投資を積極的に行っている企業への投資こそが長期的に見たときの正解に当たります。 
環境に優しい企業と言うだけではなく環境を良くしようとする企業をぜひとも着目して投資をしてみてください。これから注目されることは間違いありません。